ヘアビューロンストレートを購入された方の意外と多い「疑問」について今回は記事を書いてみたいと思います。



リュミエリーナの公式HPでも詐欺サイト・非正規販売サイトに対する注意喚起がなされており、偽物だけは絶対買いたくなかったので正規店で購入したのに・・



箱を開けてみたら、ちょっと気になる事が・・



それがこの問題。




● ヘアビューロン®[ストレート]のプレートの隙間について




こんな感じ。


IMG_4546.JPG


おわかりになりますか?


IMG_4546 - コピー.JPG


プレートの隙間とは、この間隔の事ですね。



買う前のイメージ画像はこんなんでした!



2121212122122121212121.png



明らかにプレートくっついてる感が・・・



2121212122122121212121 - コピー.png




再度、自分のビューロン ストレートを確認!!!!



IMG_4546 - コピー (2).JPG



「ちょっと、これ不良品なんじゃない?」




・・・・と、まぁ長くなってしまいましたが(汗)多分、気にならない人は気にならないんでしょうけど・・(微笑) 意外とこういうの気になっちゃう派です。




意外と、購入後この「プレートの隙間」に関する問い合わせは多いようです。





● 「プレートの隙間」に対するリュミエリーナ社や正規販売店の見解は!?





実はこの「プレートの隙間」。ヘアビューロンだけの話ではなく、多くのストレートアイロンにも同じ現象がみられます。



今回アップした画像程度の隙間なら「不良品」でもなんでもなく、問題ない程度の「隙間」だそうです。



メーカーのリュミエリーナ社や正規販売店の見解は、



元々ストレートアイロンは、プレート周辺の熱膨張によるしなりを回避し、髪の厚みや摩擦を考慮した構造になっているため、若干の隙間がございます。



という事でした。



確かに電源を入れ温度を上げることで、プレートは熱膨張し若干の変形が見られます。



さらに、リュミエリーナ社や正規販売店の見解は、



ヘアビューロン®[ストレート]は、髪の毛をとかす(コーミングする)ように何度も滑らせるような使い方をお勧めしております。逆に強くはさみすぎると髪に負担がかかりますのでご注意ください。



と続く。



これも納得。


ストレートアイロンを使った技法で、髪を上下のプレートで挟み、圧力をかけ「プレス」するやり方もありますが、ヘアビューロン【ストレート】は髪をとかす(コーミングする)ように何度も滑らせる「コームスルー」という使い方をおすすめしています。



逆に強く挟みすぎると髪に負担がかかるので注意するように」とリュミエリーナ社や正規販売店はコメントも。



プレートに髪を強く挟みすぎた状態でコーミングするように滑らせるとキューティクルを損傷させてしまいそうですよね。



最後にこう締めくくられます。



それでも明らかに隙間の幅が大きく、ご使用に支障があるようでしたら製品不具合の可能性がございますので、メーカー修理ご相談窓口へご連絡ください。



もし今回のブログでアップした画像よりも明らかにプレートを閉じた時の隙間があるようでしたら、一度連絡してみる事をおすすめします。



【故障修理に関するお問い合わせ】株式会社リュミエリーナ修理ご相談窓口
0570-064-435 受付時間:365日 9時~18時




● しかし条件があります!!




今回の記事で書いた事は、下記サイトのようなリュミエリーナ社認証正規販売店で購入された方に限ります。



リュミエリーナ認証正規販売店はコチラ




何故なら非正規販売サイトで購入した商品は、原則として保証の対象外ですし、そもそもヘアビューロンの偽物によくみられるシリアルナンバーや保証書がないと、これまた原則として保証の対象外になるからです。




インターネットサイトに代表される通販でヘアビューロン【ストレート】を購入する場合は特にきをつけましょう。




ヘアビューロン【ストレート】を含むリュミエリーナ社のバイオプログラミングシリーズをネットで販売できるサイトには下記サイトのように【正規販売サイトマーク】や【認証番号】の掲載がされていますので必ず確認しましょう!




リュミエリーナ認証正規販売店はコチラ















この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。